分析機能について

分析機能というものがついているefoサービスはたくさんあります。こちらを用いることによって、エントリーフォームをどのように改善するべきなのか分かりやすくなります。どのような点に問題があるのかを示してくれるからです。

電球たとえばどのようなページからエントリーフォームへの誘導が多いのかを確認することができます。訪問回数から入力回数までチェックすることができます。入力率や送信完了率なども表示してくれるでしょう。それぞれの入力フォームごとに記入数や離脱数、さらには入力エラー数まで確認することができるのです。これによって、どの項目が問題となっているのかが一目瞭然で分かるでしょう。改善ポイントが分かりやすくなるのです。

分析機能はレポート機能と呼ばれていることもあります。分析結果を参考にして特定の項目を追加したり削除することができます。そうすればより良い入力フォームを作ることができるでしょう。ただ漠然とエントリーフォームの改善をしても意味がないのです。きちんとデータに基づいて必要な部分は残して、改善するべき点はどんどん直していきましょう。

これからefoサービスを利用する際にはこのような分析機能が用意されていることをしっかりと確認しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the Author

管理人